ご紹介

 

ごあいさつ


 
刑事事件の弁護人・非行少年の付添人や,いじめや体罰・児童虐待などの子どもの権利に関わる問題,犯罪被害者支援事件を中心とした業務をしています。様々な非日常の場面に巻き込まれて苦しんでいる当事者や家族の方々が,少しでも安心できる時間を取り戻すためのお手伝いをしたいと考えています。

様々なトラブルを解決するにあたって,弁護士として法律を使うことが大きな力になることがあります。でも,法律だけでは解決しない問題もたくさんあります。

こんなにつらい気持ちがずっと続いている。ゆっくり眠れたのはいつのことだっただろう。どうやったら楽になるのだろう。子どもが学校に戻れるようにしたいけれど,今までこの子を責めてきた先生たちとではうまくいかないんじゃないか,どうすればいいのだろう。そうした答えは法律には書いてありません。

でも,私はその答えに近づきたかった。今苦しんでいる人たちが安心して話せるためにはどうすればいいのか。子どもたちが何を苦しんでいるのかについて少しでも理解するためのヒントはないのか。その答えを探したくて,トレーニングを受け,臨床心理士になりました。そして,弁護士と臨床心理士の両方の専門性を持って,犯罪の加害と被害の問題,子どもに関連する領域に関わり続けてきました。

弁護士はとっつきにくい,話しにくそうだ,というイメージがあるかもしれません。でも,ここではその心配はありません。何をきけばいいのかわからない状態で来てもらってもかまいません。お話がまとまっていなくてもかまいません。感情があふれ出してしまってもいいのです。ゆっくりお話をお聞きします。

 

経歴

1971/05 香川県東かがわ市で生まれる
1994/03 同志社大学法学部卒業
2000/10 弁護士登録。京都弁護士会に入会。
2002/10 京都みらい法律事務所開設に参画
2006/10 香川県弁護士会に入会。法テラス香川法律事務所入所。スタッフ弁護士として国選刑事事件を多数担当(~2009年9月)
2012/03 香川大学大学院 教育学研究科 学校臨床心理専攻 修了
2013/04 香川大学大学院 香川大学・愛媛大学連合法務研究科(四国ロースクール)准教授(~2017年3月)
2014/04 臨床心理士登録
2017/04 京都みらい法律事務所に復帰,京都弁護士会に入会
2017/04 香川大学法学部客員教授(~2018年3月)

 

公益活動

2005〜現在 日本弁護士連合会子どもの権利委員会幹事
2012〜現在 日本弁護士連合会死刑廃止検討委員会事務局次長
2009〜2010 香川県弁護士会子どもの権利及び法教育に関する委員会委員長
2014〜2015 香川県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長
2011〜2017 香川ダルク支援会事務局長
2015〜2016 四国少年院視察委員会委員長

 

報道での紹介等

朝日新聞デジタル 2017年12月24日 讃岐力 弁護士物語(下)
 

事務所について

京都みらい法律事務所

更新日:

Copyright© 弁護士・臨床心理士安西敦 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.