事件を起こしたことは間違いないとき

子どもが逮捕された!?

子どもから,事件を起こしたという話を聞いたとか,警察が家に話を聞きに来た,自宅に捜索に来た,などで事件について知ることがあります。事件の内容によっては,その後,逮捕されることになるかもしれません。

警察の取調べの対応

逮捕されなくても,子どもが任意で(といっても子ども本人や保護者にとっては任意には見えないでしょう)警察に呼ばれて取調べが続くかもしれません。逮捕されれば,連日取調べがされることになります。

事件をやったことは間違いないのであれば,自分のやったことについては対応しなければなりませんが,違う事件の責任まで負わされたり,実際よりも悪質な動機だと誤解されたり,ということは避けなければなりません。やはり,取調べできちんと事実にそった証拠を作ってもらう必要があります。そのためにも弁護士の援助が必要です。

被害者への対応

また,早期に被害者の方への謝罪や被害の弁償をすることは重要です。それによって逮捕を避けられることもあります。被害者の方にとっても早い段階での対応によって被害の回復がなされたり,被害感情が和らぐことがあります。

これは,少年や家族にとっても,被害者の方にとっても重要なことです。

こうした対応をするためには,できるだけ早期にご相談ください。逮捕されたり,裁判所から連絡があったりということを待つ必要はないのです。

なお,被害者対応について別料金としている弁護士もいるようですが,私は,被害者対応について追加の費用をいただくことはありません。被害者への対応をすることは,少年事件において当然に必要なことだからです。

少年鑑別所に移されたら

今,この段階に来ていて,ご相談を考えている方もおられると思います。

家庭裁判所に送致された後,少年が身柄拘束されていない場合は,少年と保護者が家庭裁判所に呼ばれ,調査官の面接を受けることになります。身柄拘束されて少年鑑別所にいる場合は保護者が調査官の面接を受けることになります。

調査官は,家庭の状況や少年を取り巻く環境,保護者の子どもへの関わり方,子どもの性格的な問題点などを調査するために,お子さんや保護者と面接して詳しく話を聞きます。

お子さんを家に戻してあげたいと思うのであれば,家に戻しても大丈夫だと言える条件を整えなければなりません。その条件は,保護者の子どもへの関わり方かもしれません。非行に誘う友達と同距離をとるかがテーマのこともあります。学校の先生の協力だったり,面倒を見てくれる雇い主がいるかどうかが問題かもしれません。

こうしたことについて,この面接でどんなことをきかれるのか,どんな話をするのかを,弁護士と十分に話し合っておくべきです。

弁護士は,お子さんの処分について,調査官や裁判官と協議し,意見書を提出します。

少年審判にのぞむ

審判では,裁判官からお子さんに対して,いろんな質問がなされます。これまでに,付添人はお子さんと何度も面会をし,非行の原因を振り返り,今後どうやって生活していきたいのかについて一緒に考えていますので,そのことを話します。お子さんがうまく話せるように質問して話を引き出したりもします。保護者にも質問がありますので,そのことについても弁護士と準備をしておきます。

弁護士は,お子さんの処分がどういうものがいいのかについて,審判でも意見を述べます。

審判の結果が納得いかないものだったら

家に帰ってこられると思っていたら少年院送致になってしまったので相談を考えているという方もおられるかもしれません。

審判の結果が受け入れられない場合は,抗告をして,高等裁判所で争うことができます。その場合は,14日以内に抗告申立書を裁判所に提出しなければならず,その書面には,もとの審判が間違っている理由を詳しく書かなければなりません。

時間が残されていませんので,できるだけ早期にご相談ください。

投稿日:

Copyright© 弁護士・臨床心理士安西敦 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.