無実を争うとき

無実なのに,事件に関わったと疑われている!

無実なのに警察に呼ばれて話を聞かれていたりするかもしれません。この段階での取調べは任意で行われるものなのですが,任意といっても,少年が,警察官から警察署に出てこいと言われれば拒否などできませんし,取調べを拒否して途中で帰ることもできないでしょう。実質的には逮捕されているのと同じです。

警察官は,お子さんが話したことを証拠に残すために「供述調書(きょうじゅつちょうしょ)」という書類を作ります。本当の事実とは違う内容に誘導されてしまうこともよくあります。そういう調書が作られてしまえば,審判で覆すことは困難を伴います。

この状態をお子さんだけで乗り切ることは困難です。できるだけ早く,弁護士をつけてあげることが不可欠です。

子どもが逮捕された!

同じく,取調べに対応しなければなりません。逮捕されれば,外部と連絡が取れない状態になり,不安でいっぱいになります。誰の援助もなければ,取調べの警察官のいいなりになってしまう危険が高まります。

お子さんは,警察署に身柄拘束された状態で,毎日,長いときは朝から晩まで取り調べを受けることがあります。警察官の取調べは厳しいものになるでしょう。本当はだめなはずなのですが,警察官から怒鳴りつけられることも決して少なくありません。そうして,警察官は供述調書を作ろうとします。

これができてしまった後で,警察官に強く言われたからそうなったのだ,本当は違うのだという主張をすることは困難を伴います。言い分と違う調書を作られないように,できるだけ毎日,弁護士が接見し,取調べに問題がある場合は警察に抗議するなどして牽制する必要があります。この段階でも,弁護士がつくことは不可欠です。

審判に向けて

無実を争っている場合は,警察署から,少年鑑別所に移ることになる可能性が高いです(もちろん,この段階で,可能な限り自宅に戻れる方策を検討します)。

少年審判は,通常はここから4週間以内,証人尋問などが行われる場合でも8週間以内に結論が出ることになります。審理の日程や,証拠の扱いなども,成人の刑事裁判とは全く異なります。少年事件に精通した弁護士がつかなければ,お子さんの権利を守ることはできません。

弁護士は,非行なし不処分(成人でいう無罪判決です)を目指して全力を尽くします。

納得いかない審判結果だったら

無実だと争ったけれども,事件をやったという審判結果になってしまったときは,高等裁判所で争うことができます(「抗告(こうこく)」という手続です)。審判後,2週間以内に,抗告の理由を書いた抗告申立書を提出しなければなりません。

この段階でご依頼いただく場合は,本当に時間がありません。一刻も早くご連絡ください。

投稿日:

Copyright© 弁護士・臨床心理士安西敦 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.