子どもの非行に疲れてしまった保護者の方へ

苦労話を聞かせてください

保護者にとって,子どもの非行について知るのはショックなことです。警察から突然の連絡があって,不安に思っているかもしれません。もしかすると,そんなことが続いて,これまで,学校や警察に何度も呼び出され,子どものことをけなされ,親のせいだと言われ,もう疲れ果ててしまったかもしれません。

当番弁護士として少年と面会した後,お父さんやお母さんに電話してみたところ,「あいつはもう少年院に送ってくれたらええんや!弁護士なんかいらん!」と怒鳴られることがときどきあります。

そういうときも,なんとか話だけでもとお願いして,自宅まで押しかけて,時間をかけてお話を聞かせてもらいます。お話を聞いていると,壮絶な苦労話がでてきます。何もしないで手をこまねいていたわけではありません。でも,これまでどうにもならなかったのです。

どうにもならなかったことで,お父さんやお母さんたちは,まわりから責められ続けて傷ついています。そういう台詞が出たのも無理もなかったのです。まずはその苦労を共感できる一人になりたいと思います。

何ができるか,一緒に考えませんか

でも,多くの非行は,16〜17歳をピークとし,それから20歳に向けて徐々におさまっていきます。ほとんどの子どもはいつか非行から離脱することができるのです。

非行が発覚し,警察や家庭裁判所に呼び出されることはつらいことかもしれませんが,みんなでお子さんの非行について考えることができる機会でもあります。

これから何ができるかを一緒に考えてみませんか。

お子さんのいいところを思い出すお手伝いをします

悪いことをして捕まったわけですから,悪いところはいっぱい指摘されます。

安易に考えて悪い友達に流されやすいとか,かっとなりやすく感情がコントロールできないとか,性格の問題点はたくさん指摘されます。まわりには非行に誘う少年たちがいっぱいだとか,保護者には監護能力がないとかも言われたかもしれません。そんな,悪いことばかり指摘されてきたのではないでしょうか。

でも,よく見れば,お子さんにはいいところがあるはずです。悪い友達がたくさんいるのは,誰にでも好かれる性格なのではないでしょうか。夜遊びを続けていても,朝にはちゃんと起きて仕事に行っていなかったでしょうか。普段はお母さんに乱暴な言葉をぶつけていても,お母さんが体調が悪いときには気遣う様子を見せるような優しさがなかったでしょうか。

そういういいところを見つけることが,今後,どうやってお子さんに関わるのかのヒントになります。お子さんの良いところを思い出してください。一緒に見つけましょう。

投稿日:

Copyright© 弁護士・臨床心理士安西敦 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.