刑事事件の相談窓口

刑事事件・子どもの権利に関する事件を扱っている弁護士・臨床心理士安西敦のサイトです。

ピエール瀧氏の薬物事件報道を見て,マスコミの皆さんに伝えたいこと

約 1 分
ピエール瀧氏の薬物事件報道を見て,マスコミの皆さんに伝えたいこと

この報道は何のために?

マスコミの皆さん,連日,報道がんばってますね。

彼の似顔絵の描かれたマンホールが撤去されたそうです。
電気グルーヴの音楽のデジタル配信も止まるんだそうです。
CMや番組の相次ぐ降板情報も事細かに知ることができます。
彼が出演したドラマの展示をしてた玉名市の大河ドラマ館では,キャスト紹介と登場シーンのパネルに,見えないように紙を貼ったそうです。細かなエピソードまで足で拾ってきたんですね。
本人だけかと思いきや,彼のお父さんを見つけて,わざわざ謝罪コメントまで取りに行ったんですね。素晴らしい機動力です。
テレビは見てないから知らないけど,しばらく,このニュースでもちきりだったみたいですね。

私は報道のことは専門外なので,誰か教えてください。
報道って,何のためにあるんですか。

事実を伝えるためですか。
事実を知ることで,正確な判断ができるようになったりするでしょうか。
みんながその問題に気づいて,社会的に議論が起こったりするでしょうか。
その結果として,だんだんとよい社会につながっていったりするでしょうか。
私はそういうものだと考えてきたので,報道はとても大切なものだと思っています。

報道の結果として起こっていること

この報道で,正確な判断ができるようになるでしょうか。
彼に関連するものを売ったり使ったりしているところではみんな,これは売るのやめたり使うのをやめたりしないとまずいんじゃないか,これだけ言われてるんだし,と思うのでしょうか。
それは,彼の痕跡が日本中のどこにもなくなるまで続くのでしょうか。
次に誰かが薬を使ってみつかったときにも,同じようにすることになるのでしょうか。

今,日本中に,既に薬物を使っている人たちも,でもやめたいと思っている人たちも山ほどいます。
その人たちは,この報道からどんなメッセージを受け取るでしょうか。
ばれたら社会から抹殺されるんだ,じゃないのでしょうか。
その人たちは,この報道を見て,誰かに相談しようと思ってくれるでしょうか。
たとえ誰かにばれるかもしれないリスクがあっても。

世間の人たちが薬物依存症の問題に気づいたりするでしょうか。
そうなってほしいですね。本当に。
でもそれなら,なぜ,薬物依存症のことをストレートに伝えてもらえないのでしょうか。
薬物依存症は治療できる病気だ,適切な医療と社会内でのプログラムがあれば回復できるのだ,って。

Twitter上では,薬物を使ったやつは一生刑務所に入れろとか,偏見の嵐が吹き荒れています。
今,プログラムや治療につながり,回復の途上にある人たちはどんな思いでいるのでしょうか。

他社とは違う記事を書きたくありませんか?ー薬物報道ガイドラインの理解を

このガイドラインが発表されたのはなぜなのか,
それぞれの中身はなぜそうなっているのか,
今こそ,取材して報道してもらえないでしょうか。

薬はなぜやめられないんでしょうか。
処罰を重くしたら薬物犯罪は減るんでしょうか。
病院で治療は受けられるんでしょうか。効果はあるのでしょうか。
ダルクって何でしょうか。どこにあるんでしょうか。
精神保健福祉センターって何をしている役所なんでしょうか。
ドラッグコートって何でしょうか。ハームリダクションって何でしょうか。

報道機関の皆さん,こういうことも知りたくありませんか。
他社とは違う記事を書くチャンスですよ。

当事者,家族の人たちへ

最後に。今薬物を使い続けている人たち,使うのをやめようとしている人たち,今やめ続けている人たち,今はやめたくない人たち,その家族の人たちへ。
私なんかが言っても何の役にも立たないけど,でも,私は,あなたたちと共にありたいと思っています。
こんな世の中だけど,一緒に回復への希望を見たいです。