刑事事件 少年非行

刑事裁判と少年審判の違い

更新日:

刑事裁判と少年審判は,基本的な考え方が異なります。

刑事裁判ー行為の重さがそのまま刑の重さになる

刑事裁判であれば,やったことの重さがそのまま刑の重さにつながることが多いです。

1000円分の万引きなら,警察で説教されて帰されるかもしれません。100万円を盗めば,刑事裁判になって,場合によっては刑務所に1年くらい行くことになるかもしれません。1億円を盗めば,数年間は刑務所に入ることになるでしょう。

やったことの重さが,そのまま刑の重さにストレートにつながっていきます。

少年審判ー行為の重さがそのまま処分の重さにはならない

少年審判は,やったことの重さが処分の重さになるとは限りません。

100万円を盗んでも,少年が反省していて,親が今後は子どもの指導がきちんとできそうだという状態ならば,家に戻り,保護観察で指導を受けながら様子を見てみよう,ということになることがあります。

その反面,1000円分の万引きでも,少年の家庭環境がよくなく,周りには非行に巻き込もうとする同年代の子どもがたくさんいて,学校での生活もうまくいっておらず,再非行の可能性が高いということであれば少年院送致になることもあります。

教育を中心に考える少年審判

少年審判は,教育を中心に考えます。その子どもが再犯をしないで暮らしていくためにはどういう処分がいいのかを考えるのです。だから,やったことの大きさと処分の重さはストレートにはつながりません。

少年審判では,刑事裁判以上に,その少年が事件のことをどう考えて反省しているか,親が子どもにどうやって関わろうとしているか,といったことを相談していくことが重要になります。

-刑事事件, 少年非行

Copyright© 弁護士・臨床心理士安西敦 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.